5riyu
 

このレッスンではイメージ力を使いながらフォニックスを学ぶことで、英語のリスニング力スピーキング力、そしてリーディング力まで短期間で上達できるようになることを目的としています。


理由1)子音の音を理解できる

日本語は”アイウエオ”の母音が中心です。どんな言葉にも必ず母音がつきます。
“か”は「ka」 “み”は「mi」 と必ず「 a」「 i」「 u」「 e」「 o」 のいずれかがセットになっています。しかし、英語では k や m だけはもちろん、br や cl などの子音だけのカタマリでも一つの音として認識されているのです。
その事実を知らずに、いつまでも音は母音と1セットだと思い込んでいると、いつまで経っても英語は聞き取れませんし、通じる英語を話すことはできません。

英語の子音というのは日本語にない音なので、これが1つの音なんだということを頭で理解しておかないと、ネイティブが話をしたときに耳から入ってきても素通りしてしまいます。

理由2)英語のルールがわかる

mate, fake, bite, like, note, joke ,
これらは、サイレントEを含む単語です。
上記の単語の最後にeが来ており、この場合、最後のeは音にしないというルールがあります。サイレントEの他にもルールがあるのですが、そういった英語のルールを学ぶことで、初めて見る単語でも、読めるようになるのです。

ルールを知らないと、いつまで経っても上記の単語を、メイト、フェイク、バイト、ライク、などという日本語読みでしか認識できないままなのです。
この母音をはさむことでなぜ相手が聞き取れないのか?それは音節が違ってくるからです。母音を挟むごとに音節が一つ増え、日本語でいうと“品川(しながわ)”“の”をつけて“しなのがわ”と言っているのと同じです。日本語でも通じません。

理由3)ネイティブとの呼吸法の違いがわかる

実は、英語のネイティブが話す時の吐く息の量は、日本人よりも全然多いのです。
話す前には肺いっぱいに空気をためて、話し終わるときには肺の中の空気を全部出しきってしまうほどです。
日本語を話す時と同じような浅い呼吸で英語を話したところで、正しい音を発声できていないために、あなたの英語はネイティブには聞こえていないのです。聞こえなければもちろん通じません。
イメージフォニックスでは、まずこの呼吸法をしっかりと身に付けるので、
ネイティブにもしっかりと聞き取れる英語の音を作ることができるようになります。

理由4)体で覚えることができる

イメージフォニックスは、口の筋肉を始め、舌や肺など体の器官を使います。自分の口で、ネイティブと同じ音を作ることで、ネイティブの発音も聞き取れるようになります。
音が口や舌の形のイメージと結び付き、正確に聞き取れるようになるのです。
似た音を発音し分けられるようになれば、頭の中にたくさんの英語の音の引き出しができ、正しく分類できるようになります。

理由5)自信がつく

単純に英語の発音がネイティブのようになり、一発で通じるようになると、英語を話すことに自信がつきます。結果、声が大きくなり、ネイティブにもさらに通じやすくなります。
また、フォニックスはルールなので、一度覚えれば、二度と忘れることはありません。
しかも、イメージを使って脳にしっかりと記憶させるので、一度身に付けた知識は一生あなたのものです。
自転車の運転のように、一度身に付けたら、いつまで経っても覚えていることができる知識になるのです。
この機会に、クラスで楽しみながらイメージフォニックスを習得していきましょう。

imepho_birth

この「イメージフォニックス」の一人目の生徒は、本城校長の奥様でした。
当時は come の過去形(came)を”カメ”と読むくらい英語が出来なかったのが、たった3ヶ月の指導で英語がペラペラになるまでになりました。
そしてその後、ある大手飲食チェーン店の「サービス・オブ・ジ・イヤー(店内でサービスが一番好評だった・売り上げた者に贈られる賞)」に選ばれるまでになり、さらにアメリカで飛行機の免許も取得しました!

after日本人離れした美しい発音を身につけられます。
発音のコツを身につけ、レッスン後も使っていれば、自然にネイティブ音に近づきます。

自分で自分の発音が違うことがわかるようになり、修正しながら話せるようになります。
いままで聴き取れなかった音が、自分でその音が出せるようになって初めて、聴き取れるようになります。
シンガポール訛りの英語だと言われなくなります。
日本に帰国した際に発音がよければ「さすが英語ぺらぺらですね」と言われようになります。
発音がきれいであれば帰国後、英語で仕事ができるようになります。